FC2ブログ

〇〇〇〇〇〇〇〇〇店 〇〇 〇〇嬢(28、北浜の美人OLさん、トリンドル玲奈激似、美脚美肌、久々の女神嬢)



諸兄、暑いですねー、いや熱い(笑)。地震に大雨、そしてこの猛暑といい今年の西日本は天変地異が立て続けに発生してお

ります。また我々の聖地である〇〇〇は秘かに、しかし着実に外国人がキャリアと思われる厄介なものに蝕まれております、

どうかお気をつけ賜りたい。さて今回、丁度その日は仕事が早く終わり、いつもの店で飲酒しているとバスの時刻表が目に入

ります。丁度近くのバス停の時刻表、また今回の店の最寄りのバス停を通る路線、これはもう行かなければならない機会で

あると悟った小生はビールを半分残し勘定を払い怪訝そうな顔の店のママさんに一瞥することもなく店を出、バスに乗り込み

出撃します。程なく目的地最寄りのバス停に降り立ち、〇〇ー〇を過ぎ隣のビルへ。もう何度となく上がるこのビルの階段を

上がりフロントですぐのお嬢をオーダーしますとエロ神の導き通り今回のお嬢のパネルが最前列に提示されます。他のパネルに

FB_IMG_1531171056347.jpg

は目もくれずですが、一応店員さんに出ているパネルの中で最もリピートの多いお嬢を聞くと今回のお嬢だとの回答。半ば

確信に近いものを感じた小生は即決、サービス料を払った後に待合にて新聞を眺めつつその日獲った馬券の馬柱、いかに

〇〇スポーツの予想が出鱈目なのかを確認しつつ勝利を反芻、呼ばれるのを待ちます。そしていよいよ対面の時が、例の

エレベーターにいたお嬢は、、、ちょっと待ってください、ここは場末の〇〇ですよ(^^;)、どう見たってあなた今肥後橋あたりの

ビジネス街から帰宅中のOLさんでしょ?と言いたくなるような涼やかな若いOLさんでした、、、しかも美人さんです、トリンドル

玲奈と若い頃の遠野なぎこを足して2で割った様な感じです、、、聞くとホントにOLさんとの事で本業の仕事終わりにお店に出

るとのお嬢談、、、マジですか(^_^;)。こんな別嬪さん、大丈夫か、という不安と少なくとも69は出来るという期待に脳内シミュレ

ーターが戦術を作成します。さすがにここまで整ったお嬢ですとアレは難しいか(^_^;)等と考えつつお嬢と他愛ない会話、暗い

エントランスを通りお部屋へ。いつもながら場末感満載の室内、お嬢とソファーに並列に座り白い美脚を撫でまわさせて頂き

ます。一服後シャワー洗体の為脱衣開始、お嬢の美しいスタイルと白い肌に目を見張ってしまいます。久々の女神級との出

会いをエロ神に感謝しつつシャワーへ、洗体はじゃれることなく真面目にお嬢にお任せしベッドへ、いよいよプレイ開始です。

FB_IMG_1531171347378.jpg

この美人OLさんのお手並み拝見、お嬢先攻でリップが始まります。始めにお嬢から「キスしていいですか?」と聞かれ勿論

頼む旨回答、北浜の美人OLとDKです。恋人でもしないようなエゲツないDKをかました後お嬢のリップが小生のB地区から下

へ移動していきます。小生も空いた手でシルクの様な手触りの白い肌を撫でまわしつつ、お嬢のピンクのB地区を凝り凝り

すると、お嬢から深いため息が(^_^;)。愚息までイヤらしい音を立てるOLさんに何もせずとも愚息は起立しております。魂から

竿に掛けて丁寧に舐りあげるOLさんを見倒した後69を依頼、使用感のなさそうなピンクの〇〇器が眼前に。陰核から秩内

を下先で舐りあげますと可愛らしい喘ぎ声が、この状況で既に必要硬度に達している愚息は脚を余しています。ここは必勝

の定石にて態勢変更、もう説明も不要かと思いますが次の手順です。竿でOLさんの陰核を擦りあげつつチャンスを伺います。

好位の状況で秩口に入りかけますと「漬けないとダメですよ、( *´艸`)」とOLさんのお言葉を頂きます。「ですよね~(^^;)」と心

の中で返事をしつつすぐさま小生式装着を致します。そして突入、竿に秩の感触が(^_^;)。エロ神の導き、これが予定調和だっ

たのか、等考える間もなく雄が美しい雌の躰をしゃぶり尽くすが如くその美しい唇からピンクのB地区を貪りつつ激しく前後運

動を仕掛けていきます。ゆっくりの方が良いとの事で緩急をつけた動きに切り替えます、態勢変更はもうできませんので正常

位での性技の繰り出しです。三点攻めでお嬢の可愛らしい喘ぎ声は最大となりますが聞くと行けない人との事、愚息はお嬢の

締まりと秩壁に揉まれ余力がありません(笑)。向こう正面を過ぎたあたり、小生も死力を尽くし美人OLさんの全てのパーツを

貪るべくまずはその素晴らしい腋、お嬢からは「ヤだ、無茶苦茶恥ずかしい」と言われますがキッチリ頂きつつピストン、白い

美脚を頂きつつペディキュアが決った素晴らしい足指、そして美人の足裏の匂いで最後の直線に入ります(^_^;)。もう護謨が

どうなっているかは気にもせずDK、その時が来ました。入線後、おそるおそるお嬢の秩から引き抜いた愚息には、、、良かっ

た、ちゃんと憑いてます(^_^;)。袋の中身は魔人写生の形跡が、、(笑)。お嬢曰く最後に秩を絞めたそうです、これでは遅漏番

長の小生も失速する訳です(笑)。心地良い疲労感とお嬢の美しい顔、躰、その声に癒されつつピロートークでロストバージン

の時期、他普段女性に聞けない質問やお嬢の面白い話を聞かせてもらううちにタイマーがなります。終いのシャワー、身支

度を調えてからも白い美脚を撫でまわさせて頂きます。ホテルをアウトするまで話は尽きず、再訪する旨を告げ、バイバイと

なりました。このお店、素晴らしいお嬢ばかりです。この後も集中的にこのお店に突っ込む事になり素晴らしいお嬢と出会う

のですがまた後日、披露したいと思います。今回1Hホ代込14千円でした、ポン橋のお店と比べると割高と感じる諸兄もいら

っしゃるかと思いますが、内容が全然違います(^_^;)。

FB_IMG_1531171216889.jpg

例の三大場でのNS、NNは今や相当なリスクある行為になって来た事、ホ代込大1枚で遊べるとは言え99%のお嬢はDBS、

BBAだったり所謂地雷嬢も多数おり実はお布施の場となっている事を認識されている諸兄は意外と少ないかと思われます。

諸兄も的を絞って地雷回避に努められておられると思いますが15K 円でほぼ間違いなくうるさ型の小生を満足させてくれる

このお店のポテンシャルに思わず唸ってしまいました(笑)。今回はこんなところで、それではまた。

〇〇〇〇案内所〇〇店 〇〇 〇〇嬢(33、ホ〇〇スさん風、美脚、色白、エロティシズム全開の優良嬢かと^^;)


諸兄、ご無沙汰しております、随分永いこと更新をしておりませんでした。ここに至るまで思う処があり旅をしておりました。

旅の間、何もなかったわけではなく、修行しつつ勝負しつつもプランを着実に実行しておりました。決してSTDに罹患したり

迷惑防止条例違反で懲役を頂いてお休みしていた訳ではございませんので諸兄に余計なご心配をおかけしたことをこの

場にてお詫び申し上げます。お馬さんで言う長期休養明けはなかなか判断が難しい処ですがお気楽にお読みいただけれ

ばと思います(笑)。
FB_IMG_1528088418199.jpg

巷間、我々のメッカであり聖地であるポン橋はSTD、特にsyphilisが大流行していると言われておりますが小生的にはなじみ

のお店に良いお嬢がいなくなった事、かの地のお店に若干の飽きを感じた事より遊び場を変更致しました。またその結果コスト

的にも内容的にも市内よりも良好であることが新たな発見でした。2年ほど前に遊んだ際はあんまり、という認識でしたが今は

違いました、ココはアツい(^_^;)。数名の優良嬢と出会うことが出来ました、まずはその一人です。場所は知る人ぞ知るア〇ー〇

の隣にあるニュー〇〇〇ビル2階にお店は所在し、小生の記憶する限り以前、3、4年前に一度このお店で遊んでおり(参考記事

リンク
)2度行くことはないと思っておりましたがあれから時が経ち、どうなっているかと思い立ち訪問、お嬢も入れ替わっており良

いお店になっておりました。以前とフロント、待合の雰囲気も変わらずでしたが思う処がありこの日はランク上位の今回嬢がすぐ

案内との事、あくまで小生の推測ですがこのお店のお嬢HPパネルに表示されている★の数と、気になる「表示」について確認し

たく当該嬢をオーダーし暫くの後ご案内、エレベーター内にいたお嬢は...派手目のスナックのママさん風ですが美人のお姉

さんです(笑)。非常に明るく、軽い話術が〇〇〇スさんを彷彿とさせるお嬢です。見た感じのスタイルの均整はとれておりルックス

も問題ありません。隣のホテルへ行く間も楽しく会話が途切れることなくお部屋へ。お部屋へ入るなり小生のベルトを外しに掛か

り即釈しようとしますがそこは遠慮し一服、せっかくの行為も申し訳ない旨話すと気を悪くするわけでもなく一生懸命頑張るとの事

で小生に投げ出した白い脚を小生に触られるがままに甲斐甲斐しくプレイの準備を始めます。全身、特に脚からエロさが爆発して

いるお嬢です。小生の服を剥ぎとりつつDKされます、完全にお嬢に先手を取られています。小生も返す刀でお嬢の素晴らしく白い

肌を撫でまわしつつ立ったままお互いの局部を刺激し合いシャワーの前からプレイが始まります(笑)。シャワーで洗体、愚息を洗

い流した後やはりフェラーリされます(^_^;)。じゃれ合いつつ洗体後ベッドへ移動しお嬢のリップで真のスタートとなります。ウエスト

サイズが若干パネルと違いますが白い肌、艶良しピンクのB地区です。年齢を考えるとちょっと驚異的なボディです、リップされつ

つも空いた手でお嬢のホットスポットを探しつつ愛撫、お嬢のリップが愚息に到達した処で69へ。さすがに〇〇器はお歳なりです

が若いお嬢ばりにピンクの秩壁からは透明な〇液を分筆しています。下先で〇液を舐め取りつつ秩壁から陰核を嬲りあげますと

強烈に喘ぎだします(^_^;)。フェラーリもそぞろとなり愚息も必要硬度に達しています。ここからいつものシーケンスですがこのお嬢

は違いました。竿で〇駅にまみれた女〇器を擦りあげタイミングを見計らっていましたが〇頭を秩口に自ら宛がわれます。お嬢の

意図を酌んだ小生は最大まで怒張した愚息を根元まで沈めますとお嬢から悲鳴と「思いっきりアツいの頂戴ね」と信じられないお

言葉を頂きます。お嬢の秩内は熱く、竿で襞を感じれるほど絡みつく間隔が(^_^;)、〇〇器も〇液を大量に分筆しており掛かること

なくスムーズに前後運動を開始します。半信半疑のまま愚息を激しく打ち込みますとイヤらしい音と共に愚息と秩壁の間隙からお

嬢の〇液が溢れお嬢が絶叫、感度が良すぎます(笑)。DKしつつ奥攻めしますと奥が気持ちいいとの事でエクスタシーへ上りつつ

あるようです。ピ〇は飲んでいるというものの支給口は開いている様でありこのまま魔人写生すると間違いなくお嬢の支給は小生

の製紙で充満してしまいます、その時までまだ余裕はあるというものの美人の支給を蹂躙することを想像するだけで更に愚息は

硬化し怒張するという正のスパイラルへ。乳腺揉みしつつも緩急をつけた前進後退にお嬢の白い躰が紅潮し三点攻めにていよい

よ絶頂に達し躰を仰け反らせ痙攣させます。エクスタシーに達したお嬢の顔は妖艶で、美しく、更に艶やかです。これを見届けた

後小生も時間を意識し向こう正面から位置をゴール入線に向け上げていきます。大量のフェロモンを発散させている美人のお腋

を頂きつつ最終コーナーからラストの直線へ。白い脚を両肩へ乗せひたすらに奥突きです。お互い汗びっしょりになりつつぶつか

り合うイヤらしい音が部屋に響きますがお嬢の叫び声がそれを掻き消します。そしてお嬢の支給口に射出口をセット、ここまで抑

えた末脚を一気に開放しゴールを突き抜けます。間違いなく魔人写生された大量の製紙を美人のお嬢の支給に送り込みました。

秩から愚息を抜いても何も出てきませんでした。お嬢も暫く放心状態の様で動けない様でしたので後戯致します。久々のNNに小

生も全力を使い、心地良い疲労感が(笑)。時間を見つつ終いのシャワーへふらつくお嬢を介助し身支度、お部屋を出る頃にはお

嬢も元気を回復し明るい声と表情で見送りを受けました。
FB_IMG_1523117058396.jpg

このお嬢に至るまでこのお店の複数のお嬢に上がっておりこのお嬢とテイストは違いますが、このお嬢含め数名良嬢と出会う事

ができました。時系列はちぐはぐですがまずはこのお嬢からのご紹介となりましたが次回以降の更新でまたご紹介したいと思いま

す。

しかし時間は経っていると言えどここまで良いお店に変わっているとは思いませんでした、このお店ではこのお嬢だけでなくあと3

人の良嬢と遊んでおります(^_^;)。

ポン橋〇〇〇〇に良いお嬢がいなくなった事よりやむなくの流れとなりましたがかの地を代表する「〇〇商事」、「〇〇〇〇〇〇

ぼっき」、「〇〇〇エコ」へは随分永いこと行かずですが某掲示板のフローや他のブロガーの方の記事を見る限りまだまだ良嬢が

いそうな模様ですが相場格言「人のいく裏に道あり、花の山」を地で行ったが如き結果に満足と暫くはこちらで遊べそうな予感にワ

クワクを感じております。値段もリーズナブルで(今回はホ代込指名料込で1H14千円でした)何より場末ですので人が少なく、静

かです(笑)。
FB_IMG_1530748388437.jpg

話は変わり今年は勝負運が上向いており日経平均、ダウ平均の下落相場を予想したeワラントが含み益を着実に増やしつつあり

小生が見込んでいるジョッキーも大舞台で馬券に絡み、JRA銀行からも銭を引き出すことが結構出来ております(笑)。小生も諸兄

に負けない様最後方からの鬼の末脚で追いつくべく、精進しております(^_^;)、今回はこんなところで、ありがとうございました。

日本橋○○○○ ※※さん(35、若い頃の木の実ナナ似、スト脚が綺麗なスレンダーフェチ嬢)

桜も満開となり日中は随分暖かくなりましたが夜はまだ寒いですね、諸兄はいかがお過ごしでしょうか。今回のエピソードは今を

遡る事2月の寒い日、時間が出来た事より特に目当てのお嬢がいた訳ではなかったものの思う処がありあのお店へ架電、HP

パネルのお嬢の状況を確認しますとパネルに出ていないお嬢の名前が出てきます。HPパネルNG、店頭のみのお嬢という事が

気になりフロントへ。フロントパネルも写真はなく年齢のみ、隠れキャラの様です(^_^;)。すぐのお嬢はこのお嬢を含め3人との事

で他の選択肢は既に対戦済みのお嬢と既に情報で良くない事を聞いているお嬢でしたので答は一つ、今回のお嬢しかありませ

んでした(笑)。店員に一応どんな感じのお嬢なのか聞きますがイイ子です、というくらいの回答しかなく一抹の不安を感じましたが

例の待合から呼ばれ、階段降り口にいたお嬢は、、、いいんじゃないでしょうか、ハイヒールと黒のパンストがきまったすらっとした

お嬢様です、若干お姉さんではありますが小生的には全く問題なしです。接客慣れしているのでしょうか、後でわかりましたが挨

拶後はお初である事を感じさせない会話を交わしつつ例のレンタルルームへ。かなり積極的に話してこられるのでレンタルルーム

の待ち時間もあまり感じることなくお部屋へ。このあたりではもうお互い打ち解けた感があり一方的にお嬢様ペースです(^_^;)。見

た目といい語り口と言いSタイプなのであろう、と小生は今回の作戦を脳内シミュレートしつつお嬢の支度を眺めます。お嬢のパン

ストの脱衣の補助を申し出ましたが恥ずかしいとの事で拒絶されたのはまあいいとしても小生の面前ではなくシャワールームで脱

衣されたのはいただけませんでした(^_^;)。どちらにしても晒すことになるのですから意味はないと思いますが、それよりも白い肌

に映えるワンポイントにそそってしまいます(^_^;)。3箇所ありましたがスレンダーボディと相俟ってお嬢のエロさを引き立てています
img57305462.jpg

。シャワー洗体後、いよいよプレイです。言わずともお嬢先攻でサービス開始です、小生もお嬢のサービス中は空いた手でお嬢の

躰を愛撫しいつものシーケンスへ向かいます。お嬢が愚息に取り掛かったところで69をリクエストし締まった白い小尻が小生の眼

全に、オンナの匂いがプンプンの〇〇〇を舌先で陰核から秩口、秩内と弄り倒しますとSのお嬢と言えど反応が(^_^;)。愚息は既に

必要硬度に達しておりますのでここで態勢変更、次の段階へ。好位の位置で竿と〇〇〇が擦れます、ドSのお嬢のイイお声により

愚息は最大限に膨張、また全身からフェロモンプンプンのこのお嬢に今回は全く余裕がありませんでした。意を決した小生は一気

にお嬢の〇〇〇に竿を根元まで埋め込みますと「ちょっとイヤだ!」とお嬢から言葉を頂いたものの回避行動もなく大人しくなりまし

たのでそそるお嬢の秩内で愚息を静止させ波をやり過ごしマージンの回復を図ります(^_^;)。が、、、あまりの具合の良さにマージ

ンが回復することなく寸前ギリギリの状況は変わりません。二度三度のストロークでコレはマズいと思った小生は一旦秩から愚息

を引抜き、お嬢にかからない様シーツに若干を写生しピークをやり過ごし再度挿入致しますがこのお嬢のなせる業なのでしょうか

、またしても込上げるモノが(^_^;)。これ以降の詳細は控えさせていただきますが(どこかの国会答弁の様で申し訳ありません)、

濡れないと自己申告されているお嬢の○○○は濡れており〇〇が逆流する程です、この美人のお嬢の支給口と射出口を合わせ

静止の後愚息を引き抜き、申し訳程度の残りを発車致しました。抜き取った後のリバースを訓にで舐め取りましたが普段濡れない

との事で訝ってらっしゃいました(^_^;)。あまりにエロい躰に溜まりに溜まった〇〇を思わず〇〇〇〇〇しまいました。小生のフェチ

を十分に満たすお嬢なのにほとんど何も楽しめないまま終わってしまいましたが愚息は鎮まらない事よりお嬢がローションプレイ

を提案、ローション付きでの再突入は拒否られたものの目的は果たしており、リピートしてまた遊びたいと思ったお嬢でした。
FB_IMG_1518007229245.jpg

話はうまく、見た感じからSっぽいが、おそらくM気質かと思われ、その読みは当たった様です。変態度は少なく、プレイ内容も限ら

れます。チッパイですがその締まった躰、白い肌、小尻、ワンポイントが醸し出すフェロモンは素晴らしく腋舐め、足舐めは敢えてし

ませんでしたがやったところで拒否されたと思われます。ただ現役〇〇〇〇さんとの事で(本人曰く高い処です)そんな女性と遊べ

るという処に思わず大興奮してしまった小生でした、会話が上手いのも納得です。またこのお嬢には上がりたいと思います。

こんなお嬢と70分込11千円で遊べるわけですから、頑張って仕事しないとあきませんねぇー(笑)。じきに今年度も終わり、新たな

年度がスタートします。小生もここらあたりで一休みしようかと思いましたが、新たな戦いが既に始まっている様です、ニューカマー

に期待しましょう!今回はこんなところで、それではまた。

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top