FC2ブログ

〇〇人妻〇〇所〇〇〇店 〇〇 〇〇〇さん(平成ラストに出会ったブサかわ若奥様、人懐こく可愛らしい28歳、ヤミツキになりそうです^_^;)


連休突入直前、実質平成ラストのお遊びをどうするか、考えていました。考えた挙句、前回女神と出会えたこのお店で二匹目の

どぜうならぬお嬢に期待し架電、希望の時間に行けるお嬢がいるとの事で即決し〇〇公園へ、ほぼ予定時間に小生に近づいて

きた車から出てきたお嬢は、、、ははあー、、、普通の若いお嬢です、華やかでもなく地味でもなく、所謂風嬢のオーラはありませ

ん。保育園の若い保育士さん?に見えます。非常に柔らかい感じのお嬢で安心感が(笑)。小生を見て不安げに「すいません、

○○さんですか?」とのコンタクトから軽く挨拶、超大物ブロガー様プロデュースのホテルへ、いつも大変お世話になっております

(^_^;)。お部屋はコンパクトですがシンプルにまとめておられ、嬉しい事にデンマークまで備え付けてある気の使い様、流石です。

お部屋でお嬢と歓談しつつ一服、お互いリラックス後脱衣、お嬢のバディをガン見です。ややポッチャリさんですが肌は白く黒の

上下がそそります。普通の女の子との楽しいひとときに心が癒されます。大人しくシャワー洗体を受けた後ベッドへ、プレイ開始

です。先攻を依頼し空いた手でお嬢の躰を愛撫していきます、白い肌はスベスベです。リップサービスが愚息に掛かったところで

いつものアレ、眼前の〇性〇は程よく滲んでおり秩内はアツくなっています。上下交代し適状となった女性器へ須又を仕掛け、か

らの、、、特に回避行動もなくアツい秩内へ竿を送り込みますと、今までのにこやかなお嬢の表情がアノ表情に変わります、が、

40101615_1685169024925024_2738959902322982912_n.jpg

まだまだ大人しい状況です(^_^;)。若いお嬢の秩内は程よく締め付けがあり根元まで竿を沈め、お嬢を抱きしめDKしつつ静止、秩

と竿が馴染むのを待ちます。馴染ませつつ竿で若いお嬢の那間秩の感触を堪能しマージンの回復を待ちます。このお嬢、ほんわ

かした雰囲気で何でもさせてくれるような感じですが今一つ反応が薄く、どげんかせんといかんと思いつつまずは正攻法で緩急を

つけた前後運動です。こちらからの問いかけには「アハハ」と軽い笑いで返してきますが小生はこのお嬢の会館を嵩めるべくピス

トンしつつ考えます。すると枕元に備え付けのデンマークが目に入ります、〇〇〇〇さん、ありがとうございます!貴兄の

プロデュースは行き届いております、ありがたく使わせていただこうとお嬢に聞くと、「使ったことが無い」との回答、小生も久々に

使う事よりお嬢自身に当てていただくことに、当然というか、陰核に当てられます(笑)。予想通りお嬢の反応が変わり秩が締まって

きます、若干声も出てきた様子、ただ風が吹き抜ける様にサラッとイッタ様です。言った後あははと照れ隠しなのか笑う処が可愛

らしいお嬢です。デンマークにより〇液の分筆が促進され女性〇はグチャグチャです(^_^;)。デンマーク再び、今度は小生がグリ

グリ陰核に当てますと「い、行く」とかなり早い反応、直後に昇天されました。「ちゃんとと行くって言いましたよ」と言うお嬢が可愛

らしく、愛おしくなり抱きしめてDK、始終嵌りっぱなしの愚息はデンマークの余震によりあまり余裕がなくなっています、これ以上の

使用は危険と判断し己が肉体のみで先へ進むことに。動きつつ腋を頂くと恥ずかしそうに「汗かいてる」と宣うお嬢が可愛らしく激

しく動くことに、結合部はお互いの退役でワヤの状態(^_^;)。もう一度デンマークを短時間使用しつつピストン、「もう行くと思う」と普

通に言うお嬢が往かれたのを確認し小生もゴールを目指しますが、大半は送り出しており残りの写生感で僅かばかりをお嬢に発

車、終了致しました。その頃合いを見計らたったように終了15分前の電話があり終いのシャワー、身支度を調えてもまだ時間が

あり一服しつつお嬢の着替えを眺めつ、至福の時間を過ごします。贅沢な午後のひとときです。旦那さんとのセックスの回数を

聞いたり他の客との変わったプレイ内容を聞いたり話は尽きず、楽しませてくれるお嬢でした。時間となりアウトコール、自動機に

てチェックアウト、清算しますと、安い、本当にありがとうございます。やっぱり遊びはこうでなくてはいけません、今回のお嬢に

感謝です。そして素晴らしいホテルをプロデュースされている○○○○さんに感謝致します。

〇〇人妻〇〇所〇〇〇店 〇〇 〇〇〇さん(平成後半に出会ったお若い女神嬢、北浜のOLさん、フェチ十二分!匂い立つエロス)

平成の後半、時代の終わりとばかりに詰めて遊んでしまいました(笑)。その中で出会った素晴らしいお嬢のエピソードです。この

お店、小生の行きつけの系列店で店名からも何故かビミョーな処で営業していたので不思議でしたが(デリヘルです)その疑問を

解消すべく上がってまいりました。まずは嬢名を一時売れた女優に被せたこのお嬢、をお初めとして狙います。お店へ架電すると

お兄ちゃんの対応も特に問題なく〇〇公園での待ち合わせとなります。平日の日中のこの時期、天気も良く公園の桜も程よく残っ

ており、散り往く桜の花びらを眺めつつ予定の時間が過ぎたあたりで小生に向かって一台の車が向かってきます。後部座席から

降り立った女性は、、、客を間違えているのではないか、イベント料金70分13k円のお嬢ではありませんでした、、、桜の花もほころ

ぶ程の若く、美しいOL風の美女が近づいてくるではありませんか(大汗)。値段なりで特に期待もなかった小生の予想を裏切って

くれます、良い意味で(笑)。所謂超美人さん、黒のロングヘアー、シックなスプリングコートから伸びる白いお御脚も素晴らしく、目

が釘付けとなります。そんな小生を見かねてかお嬢の方からこれまた若く、張りのある声で「こんにちは、よろしくお願いします」と

挨拶されるザマです(^_^;)。我に返った小生は正気を取り戻しホテルまでお嬢をエスコート、正直何をお嬢と話したか覚えておらず

素直にお嬢の美しさを褒めつつ平静を保ちます。お部屋へチェックイン後、お嬢にも一服を勧め自身の呼吸を一服にて整えます。

他愛のない話をしつつも全身フェチの塊のこのお嬢の攻略を脳内シミュレーション致します。一服後、よーいドンです(^_^;)。お嬢の

ドレッシーな服を脱がせると目も覚めるようなブルーの上下が、白い肌と相まって非常にエロティックです。括れた腰に手をかけ、

ストッキングを下ろしますと素晴らしい生脚が露出します。これだけで一発抜けるほどですが小生のお約束、アレをリクエストしま

すと「えぇー!恥ずかしいです、ちょっと待って」と言いつつも言われるがまま上下を付けた状態で小生に抱きかかえられ、ベッド

へ。この美女の女の中心へ顔を埋め、クロッチ越しに大きく深呼吸いたします(^_^;)。しかし期待した匂いは得られませんでした

(笑)。とってもいい匂いしかしませんのでエロいショーツを剥ぎとり女〇器へ直接、シャワー前の那間訓にを敢行致します。非常に

反応が良く一分もかからず透明な天然ローションが溢れてきた事より怒り狂った竿にてシャワー前須又です。女神が花も恥じらう

様な喘ぎ声を出し始め、息が荒くなりこのまま押し込みたい処でしたが冷静さを取り戻した我が頭脳が仕切り直しの指示、お嬢の

反応から素晴らしいプレイの予感が(^_^;)。一旦停止しシャワーへ、うなじの下あたり、服で見えない所に方位のシンボルのワンポ

イントタトゥーにそそってしまいます。こんなに上品な女性がなぜ、という疑問に愚息が反応し全く収まる気配がありません(^_^;)、
DSC00458.jpg

エロすぎます、まさに女神です。女神にされるがままのシャワー後、戦闘開始です。先攻をお任せし、お嬢のDKからリップサービ

スです。その間小生は空いた手で絹の様な白い肌の手触りの感触を愛撫しつつ確認していきます。小生に覆いかぶさる漆黒の

髪が撒き散らすシャンプーの香り、フェロモンだけで写生する勢いです。美しい女性が静かに喘ぐ様子に小生の嵩まりが昂進し

ます。お嬢が愚息に取り掛かったところで69をリクエスト、女神の女性〇が無防備に小生の眼前へ。既に適状となっておりこちら

が刺激することなく女〇器から透明なローションが滲みだしております。陰核から秩口へかけて舐め取っていきますとお嬢もどう

しようもなく感じるようでフェラーリもそぞろとなっていきますが、小生もぶち込みたい気持ちを抑え、女神が我慢できなくなるまで

〇性〇を弄り倒します。愚息が加えられなくなった処で態勢変更、いつものルーティーン、いざ勝負です。既に受入体制万全な

女性〇にわざとらしく須又を仕掛け、お嬢の様子を見ます。白い肌は紅潮し、形の良いバストを乳腺揉みしつつストロークを大

きく取りますとお嬢の喘ぎ声も大きくなっていきます、そして、何の回避行動もなく女神の〇〇〇に愚息が呑み込まれます、

女神の秩内はアツく泥泥で、程よい締め付けです。最大限に膨張した愚息が最奥に到達した時点で静止し竿で感じる秩壁の

感触を楽しみます。一歩でも動くと爆発しそうですのでこの状態でマージン回復を待ちます。アシが貯まった処で制上位での

前後運動開始です、先程までと違いお嬢が泣きそうな声で喘ぎだします。若い女性だけにかん高く、激しい声に小生も反応し

、話しかけつつ激しく腰を打ちつけていきお嬢が登り詰める様子を見ます。抱えた白く長い脚が光っています、お嬢は息も荒く

「気持ちいい×?」と叫びます。小生も頭に血が上り全く自分がこの状態にいる事が理解できない程です。後背位もスキとの事

で態勢変更、白く締まった桃尻をスパンキングしつつ鬼突き致しますと女神が狂ったように泣き叫び、それが更に愚息を硬化さ

せる正のスパイラルへ移行します。愚息は確実に市急行に激突し、いくらか送り込んだ模様、結合部は白濁駅にまみれていま

す。締め付けもきつくなり抜ける感じはありません。お嬢を行かせるべく再び制上位へ、緩急をつけた前後運動、躰を密着させ

女神の素晴らしい腋を味わいつつ奥突きです。美女の喘ぐ顔に勝るものはありません、思わず見とれつつも小生も4角を廻りま

す(^_^;)。女神の手入れされた足指を頂きますと愚息もMaxスピードへ、昨今これほどのパワーが出た事はありませんでしたが

全く衰えません。後で聞くと小生に告げず2回行ったそうですがいよいよお嬢も登り詰め「イヤッ!行く」と泣き叫んだ後仰け反ら

れ、痙攣されます。役目を果たした後お嬢を抱きしめつつDK、支給口に射出口を合わせ静止、そのまま押し込んだ後鞘から引

き抜き女神の腹上に発車致しました。事後のピロートークでこの女神様、プライベートで女性用バイアグラも使用したことがある

ほどのビッチさんでした(笑)。話をしているうちに終いのアラーム、シャワー、女神の着替えを眺めつつ身支度を調え必ずリピート

する旨を伝えると素敵な笑顔でお待ちしておりますとのお嬢回答、チェックアウトし、お見送りしました。舞い散る桜の様なお嬢との

出会い、大満足のお遊びでした。
d13.jpg

こんな場末でこんなお嬢と出会うとは全くうれしい予想外と言いますか、わからないもんです。競馬新聞ならぬ某掲示板であれこ

れ考えるより全く分からない処へ上がってみる事も万馬券ならぬ素晴らしいお嬢と出会える幸運を得られました。またこのお店の

ポテンシャルが相当高い事も知ることが出来、他のお嬢も楽しみになりました。永いこと聖地ポン橋で遊んでおりませんが風の噂

でホテ代が別となり激安若専を含め実質値上げされたと聞いております。暫くは場末の風俗のご紹介になりそうです(^_^;)。あしか

らず、それではまた。下線文

平成の御代の終わりに、ありがとうございました、どうかお幸せに!

諸兄、ご無沙汰しております、お元気でしょうか(^_^;)小生も何とか生き残っております。

さて、もはや平成の世も残すところ数時間、ちょうどいい節目ですので記事を起こしてみました。前回は年初でしたが、はや4か月

時の経つのは速く、一つの時代の終わりに差し掛かりました。記事にはしておりませんがここに至るまで何もなかったわけではな

く、素晴らしいお嬢、普通のお嬢、とんでもないお嬢との遭遇ありの相も変わらずのお遊びを繰り広げておりました。

ただそんな中で、小生も時代の転換を感じた途或る女子とのお別れがありました。平成の後半からスタートしたこのブログの平成

ラストのエピソードとして披露したいと思います。

CM140501-152137158.jpg

ご存じの方もおられますが、この女子とは古くからの読者の方からの紹介が出会うきっかけでした。その内容は過去記事に上げ

ておりますが、とんでもなく素晴らしい女子でこの女子とつながりがある限りどんなに酷いお嬢と遊んだところで痛くも痒くもない、

程小生のお遊びのバックボーンとなる女子でした。本年の始め、今や忘れもしませんが最後のお遊びとなる回、堂山町のいつも

のポイントで待ち合わせですがいつもこの女子を見るたびに小生がもっと若ければ、と思うほどの女ぷりです、ファッションセンス

はボーイッシュですがそれが更にこの女子を引き立てています。彼氏さんが裏山すぐる~、というヤツです(^_^;)。

もう慣れたもので前回以降の何気ない出来事について話をしつつ、いつもの処へチェックインです。

いつもこの肉食系女子から聞かされるのは彼氏のナニが弱い、という話です。小生ならまっすぐ帰宅して夜飯前にヤルよ、という

話をしつつ女子のパッツンパッツンのスキニージーンズを脱がせに掛かります。白く長い脚もさることながらレースの入ったショー

つの中心に既にこの時点でうっすらとしたシミが、ジーンズを剥ぎとるとオンナの匂いがプンプンです。その旨を伝えると笑いつつ

ヤダ×4と喚きまくります(^_^;)。直接に追いたい旨を伝えると「それはイカン、駄目、女として恥ずかしすぎる」と言われましたが

いつもやっている事ですので女子の中心に顔を埋めますと、素晴らしいオンナの匂いが(^_^;)。女子はダメーと叫びますが小生に

言っても無駄です(笑)、ひとしきりオンナの匂いと女子の反応を楽しんだ後ショーツを脱がし、シャワー前の那間訓にです。もう

この時点で女〇器は適状、愚息もチャージ完了でしたので小生も下半身を露出し所謂須又にて陰核を擦りあげ女子の反応を楽

しみます。女子は3か月前の小生とお遊び以来の行為との事で(ほんとかウソかはわかりません)息も荒く、このまま行こうかと思

いましたが女子の分筆する粘液を愚息に絡め、長い脚をひとしきり愛撫の後に美人さんの腋を頂きます。もうこれだけで写生し

そうでしたがまだまだ今回しなければならない事が残っています、女子は須又で行く勢いでしたが一旦休止の後シャワーへ。

即即はやはりこの女子に失礼かと(笑)。シャワー後、肉食系女子と戦闘開始です、顔騎を依頼し口と手で女子を嵩めていきます。

女子はイヤらしい声で喘ぎまくります、どうやら久々という話は本当の様です、我慢できなくなったのか自ら69の態勢になり愚息を

咥え込みます。既に愚息は最高硬度に達しており女子のフェラーリは全く不要でしたが小生は敢えて愚息を委ね、女子の〇性〇

を弄り倒します。下で陰核を舐りつつ両手でクパアしますと白濁駅に光るピンク色の襞が丸見えです。ぶち込みたい旨を伝えると

「ウン、いっぱい付いて」との女子回答、愚息を女性〇に沈めていきますと泣きそうな声で「き、キツイ、ゆっくりして!」とのお嬢弁

、久しぶりの接合との事で感じすぎるそうです(^^;)、こんな美人が3か月ほったらかしというのももったいない話ですが彼氏さんの

お蔭で小生に美味しい処が廻ってきたという事で、素晴らしい秩の感触が竿を伝って刺激中枢に、更に愚息が硬化する正の

スパイラルへ。秩襞の感触を楽しむため静かに前後運動をスタートしますともう竿が女子の分筆物で覆われています(笑)。

DKしつつ獣の交尾となります、さながら映画「スピーシーズ」の宇宙人の交尾の様に女子から求められ、3分も経たないうちに初回

の絶頂に達せられます。小生はまだまだゴールは遠いのですがちょっと今回の女子の感じ方は尋常ではありませんでした、この

女子とは長い付き合いなのですが今までも全く惰性はなく、会うたびに感度が上がる、激しく感じまくります。自分は小生が望む

事をするだけの女なんだよ、という事を以前この女子から言われたのですが、もうアレ以外は全ての行為をさせてもらっておりまし

たがさすがにアレはやっておりませんでした。そんな事を考えつつ制上位を続けておりますとまたしても「もうアカン、往く×?」と

叫んだ後、水揚げされた魚の様に躰をピチピチと上下させ、硬直させます。その目は何処かへ行ってしまっています、何か薬飲ん

でるのか否か聞きますと「久しぶりやから」との女子回答、彼氏さん、有難う、放置してくれて本当にありがとう、と思いました(笑)。

この女子は後背位も大好きなので体制を変え後から鬼突きしますと髪を振り乱し声が隣に聞こえるくらい大きな声で喘ぎます、

後からだと完全に支給口に愚息先端がぶつかります。それが気持ちいいとの事ですので積極的に先端を激突させつつスパンキ

ング、叩くたびにもっと×?と求められます、嵌めつつ白く美しい背中にしがみつき、浮き出る汗を舐め取ります。長く伸びた後ろ

髪から撒き散らされるシャンプーの香りに小生も嵩まってしまいますが何とか堪えます、女子が絶頂に達した瞬間無意識に手を

振り結合部分を撮影していたスマホを弾き飛ばします(^_^;)。ここまで何度イっているか分からないくらいで女子は呂律が廻らない

状況、これ以上の絶頂は女子の体力から持たないと判断し小生も纏めに掛かります。制上位に戻り女子の腋を頂くと「ああワキ、

感じる!」と、これまた女子が昂ります、彼氏さんは絶対やってくれないそうです(^_^;)。素晴らしい女子の躰を楽しみつつ女子の

支給口に射出口を宛て、今回は押し込みます。もうお互いの武器は何なのか分からないくらいワヤの状態です。前後すると女子

が行ってしまう事より押し込んだ状態で静止し動かさずにゴールに到達する無空破を放ちます。秩から愚息を引き抜き僅かばかり

の残りを絞り出し終了となりました。この時点で女子は行き過ぎて左手とふくらはぎが攣っている状況でした(^_^;)。

事後、小生の腕の中でピロートーク、昨年末に入籍したこと、春先に結婚式をあげる事や女子の今後の予定について話を聞きま

した。小生は以前からこの女子との繋がりの終わりを予想していましたが予想以上に早く終わる事を認識いたしました。

昼食の面接に行くとの事でチェックアウト後、女子は梅田の街に消えましたが最後の後ろ姿になるとは、小生にとっての時代の

終わりにもう二度と会うことはない、素晴らしい女子との思い出となりました。

平成の時代は我々のお遊びが大盛り上がりし、梅田、難波、天王寺、日本橋と綺羅星の如く素晴らしいお嬢が出現し、また消えて

いきました。新しい時代を迎えるにあたり、懸念することは多々ありますが素直に、新しい令和の時代の素晴らしいお嬢との出会

いを求めて、寄る年波に負けず日々研鑽していきたいと思う平成最後の日、でした。



| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top